関数電卓で返済の回数を計算する

今回は、借入額と毎回の返済額、そして金利がわかっている状態で、返済の回数がどのくらいになるのかと計算してみます。(本当は回数よりも、利率を一発で計算する方法が知りたいのですが、これの算出方法は非常に難しく、関数電卓でもSOLVE機能がついた機種でないと私にはできませんでした。SOLVE機能のついた電卓での算出の方法については、またいずれ)

最初に、計算するにあたって、以下の数値を用意します。

  • PV = 最初の借入額
  • PMT = 毎回の返済額
  • i = 金利、ただし月利なので、年利の場合は12で割る必要がある
  • n = 支払回数

この場合の計算式は、下記のようになるので、旧式の一行表示の関数電卓で計算することもできます。

n = -ln( 1 – i * PV / PMT ) / ln( 1 + i )

支払回数 = – ln( 1 – 月利 * 借入額 / 毎月の支払い額 ) / ln( 1 + 月利 )

では、実例として

  • PV = 1500000
  • PMT = 35600
  • i = 14.9%(ただし、これは年利なので実際の計算では12で割って月利の1.242%として計算式の中で使用します)

2行表示の関数電卓の場合の入力は次のようになります。

14.9 / 12 / 100 STO A

-ln(1 – RCL A * 1500000 / 35600) / ln(1+RCL A)

答えは、60.01549725、つまり60回払いで5年かかるということですね!

今回の計算は、それほど難しくは無いと思いますので、1行表示の旧型の関数電卓でも、計算式の入力さえ間違えなければ、算出することは容易だと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です