関数電卓で、月々のローンの支払金額を考える

関数電卓には、いろいろな機種があります。今回は、一番安価な一行表示のものを使うという前提で話をしていきたいと思います。(別に2行表示の関数電卓でも構いません。むしろ、打ち込んだ後の修正が楽なので、おススメです。)

まず、毎月のローンの支払額を求めるために、必要な情報として、以下のものがあります。
・ローンの借入額
・ローンの金利
・支払回数(もしくは、支払月数)
以上のことが解れば、関数電卓で月々の支払金額を算出することが可能です。

今回の例でも、金融電卓の使い方の話で使用した速聴ローンの支払いの例を利用していきたいと思います。

・借入額   1,500,000円
・金利    14.9%
・支払年数  5年(月々の支払金額を求めるために、月数に直しておきます。1年は12か月のため、年数を12倍すると支払月数が求められます)

まず、最初に金利の計算をします。通常、金利の表示は年利で表示されています。今回はひと月あたりの支払金額を算出するために、金利をひと月あたりの値にする必要があります。いわゆる月利になりますが、これは年利を12(つまり年あたりの月数)で割ることで算出することができます。
年利 14.9%は、12で割って、月利1.242%ということですね。

一行表示の関数電卓は、計算途中で入力ミスに気がついても修正することができません。なるべく入力を少なくして間違いを起こさないようにしていく必要があります。(現実的には2行表示以上のものを購入したほうが、ローン計算には向
いていると思います。)
計算方法は、以下のようになります。(ここでは、CANON F-502Gを使用しました)

ON/C X→M           メモリをクリヤする
14.9 / 12 / 100 = M+       年利を月利に変換する
1500000 * MR * ( 1 + MR ) ^ 60 / (( 1 + MR ) ^ 60 – 1)

答えは、
35606.20666
だいたい 35,600円ということがわかります。

安価な関数電卓でも最低メモリは1本ありますので、それを使うことで金利の値の入力をしたほうが楽だと思います。最初、このことに気が付かなくて、金利の値を直接入力していたら、何度も数値を間違えてしまい、予想と全く値が異なる結果になりました。

本当なら、金融に関する計算は、専用の金融電卓で算出したほうが簡単でよいのですが、手元にたくさんある関数電卓の活用の一環と、そして電車の中で関数電卓を使っている周囲に対する優越感を得るために今回は関数電卓でローンの支払額を計算してみたというわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です