関数電卓で月々の支払額を計算する

本当は、金融電卓を使用すれば一発で答えが出る話なのですが、今回は関数電卓でローンの支払額を計算してみたいと思います。

どうして関数電卓でわざわざやるかというと、関数電卓は金融電卓と比べて下記のような利点があるからです。

  • ホームセンターやディスカウントストアで必ず売っている
  • 金融電卓よりはるかに安く、低価格のものでは1000円程度で購入できる
  • とりあえず手順通りにすることで、結果が得られる

欠点としては

  • 計算式の入力が面倒くさい(この辺は、専用の機能のボタンがついている金融電卓に分があります。金融電卓を使い慣れると、わざわざ面倒な計算式を入力する必要がありません)
  • 利率の計算をしたい場合は、SOLVE機能のついた関数電卓でないと計算することができない(ちょっと、値段が高くなります。まあ、購入するだけの価値はあるかと思いますが)
  • 計算に時間がかかる時がある(利率の計算などで、ニュートン法で近似値を求めるため、その力技のために時間がかかります。まあ、待てないほどではありませんが)

なお、今回は「SOLVE」機能がついていない安価な関数電卓を使用するため、利率の計算については割愛することにしました。利率の算出方法についてはSOLVE機能が必要になりますので、次回別の関数電卓で話をしたいと思います。

今回の計算に参加する関数電卓の機種は、下記のものです。CASIOの2桁表示のものと、キャノンの小型で一桁表示のものです。

  

実際の私も持っている関数電卓は若干古い機種なのですが、みなさんが実際に購入して計算ができるように、実際に販売されている現行の機種で相当するものを選びました。基本的な計算の機能は同じなので、おそらく問題なく計算ができるかと思います。

あと、これからの購入する人は、2桁表示のものにしたほうが絶対にいいです。確かにキャノンの1桁の表示のものは非常に小型でワイシャツのポケットに入り携帯性に優れています。が、計算式を間違えた場合、修正ができず、最初から入力することになるので、非常に後悔することになります。金融の計算をするのなら、絶対に2行表示の機種がお勧めです!

さて、気になるローンの月々の支払いの計算方法ですが、まず例題として下記のような条件を設定します。

  1. 借入額を150万円とする
  2. 金利は18%とする
  3. 5年間かけて、毎月返済する

この条件で、月々の支払額を計算するためには、次の式を関数電卓に入力することで求められます。

関数電卓での操作 操作内容
1500000 SHIFT STO A 借入金額をメモリAに記憶させる
18 / 100 / 12 SHIFT STO B 年利を月利になおして、メモリAに記憶させる
5 * 12 SHIFT STO C 返済回数5年を月数になおして、メモリBに記憶させる
ALPHA A * ALPHA B * (1+ALPHA A) ^ C / ( ( 1 * ALPHA B ) ^ C – 1 ) 月々のローンの支払額の公式を入力して計算をさせる

電卓の操作方法だけでは、ピンとこないと思いますので、ローンを求める式を以下に示します。

借入金額 * 月利 * ( 1+ 月利 ) ^ 返済回数 / ( ( 1+ 月利 )  ^ 返済回数 – 1)

私はメモリを使わないで、そのまま計算式を入力しています。

次回は、毎月の積立について書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です